-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-19 15:54 | カテゴリ:レビュー(エッセイ)
自然の教科書―ネイティブ・アメリカンのものの見方と考え方
 スタン・パディラ編・画
 北山耕平訳

 ネイティブ・アメリカンのエルダー(長老)や偉人達の言葉を編約した作品。
 余白の多い1ページに、人生を一つ凝縮したような言葉が紡がれる。

 生活の知恵や食べ物・衣服などの恩恵を自然から受ける。その実感が伝わってくる。
 嘆きや怒り、感謝や畏敬の言葉一つ一つが、深い。
 
 彼ら先代のネイティブ・アメリカン達が子供達に語り残そうとした言葉の数々。
 これから何度でも、耳を傾けてみたい。
2007-10-17 02:54 | カテゴリ:レビュー(エッセイ)
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ブックレビュー
使える読書 (朝日新書)使える読書 (朝日新書)
(2006/10)
斎藤 孝

商品詳細を見る

著者は教育学者・齋藤孝さん。

「本を読むという行為は、まず一度、自分の考え方や価値観を捨てて相手に憑依すること」
 その上でこう語る。
「本当になにかを使えるようになるためには、対象に対して強い立場に立たないとだめ」

 ブックレビューといいつつも齋藤さんは一見好き勝手に自分の経験を話しているだけのようだが、(もちろん好き勝手話しておられるのだが)対象の作品が読者に喚起する、その本質は外さない。

 理解力、感受性を総動員して読む。
 それだけに留まらず、洞察力を駆使して内容をかみ砕き、そこに自己体験を重ねて作品から一つの概念を抽出する。
 なんてアグレッシブな読書だろう。
「一本の刀を鍛えるイメージ」
「日常生活の他の事象と連結すること、読書の大きな喜びであって、理解の切り口を手に入れることが読書の主な狙いです」
 「刀」とは「物の見方」のこと。

 受け身にならない、読書法を示してくれる。良書。
 これは、「使える」

関連サイト
齋藤孝のホームページ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑押してもらえると励みになります。
2007-09-30 23:59 | カテゴリ:レビュー(エッセイ)
ジャンル:小説・文学 テーマ:お気に入り作品
 創造性がやかましく言われ出したのは、わずかながら、これではいけないという反省が生まれつつあるのを物語っているとしてよかろう。ただ、まだ、本当の創造の方法はほとんど考えられていない。(本文より)

思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04)
外山 滋比古

詳細を見る

 アイディアの生み出し方、育み方をまとめた本。著者は言語学者・外山滋比古(しげひこ)さん。
 
 題名だけみるとよくある自己啓発本の一種に見える。しかし内実は、著者の思考スタイルがしっかり確立されており、そのどっしり構えたアイディア論の発展と掘り下げが、見事になされたものとなっている。
 まず、今の学校社会(といってもこの本が出版されたのは1986年だが)がいわゆる「グライダー人間」の養成工場になっている問題を指摘する。では「グライダー」から「飛行機」に生まれ変わるにはどうするべきか。そのための思考スタイルの見直しを説いている。
 「アイディアの形成」について、生活習慣や友人関係の中から見つめ直す反面、思考そのものが成される過程を考え、「メタ化」や「セレンディピティ」といった概念を用いて、アイディアの創造から昇華に至る道筋を具体化している。
 著者は「情報」を一次的、二次的、三次的なものに「次元分け」し、ではより高い次元に情報を持ってゆくためにはどうしたらよいかを考える。その方法として、上記で出した2つの他、「アナロジー」「触媒」「発酵」「エディターシップ」などの、普段聞き慣れない概念を多く登場させ、情報の高次元化(メタ化)方法を紹介している。この、アイディア昇華までに登場する様々な概念が刺激的で、面白い。(概念の詳細は是非読んで知って欲しい) そして、これらの概念を組み合わせていくことで、著者が最初に問うた「グライダーから飛行機への移行」が明快な数式のように導き出されるところに、一種の爽快感を覚える。
 後半の内容では、いざ論文や創作活動に取り掛かった際どのような問題を考慮すべきか、念頭に置くべきかが既知と未知、拡散と収斂などの対比から考えられている。また、「三上・三中」といった昔からの「思考の整理」の方法にも触れている。
 誰しも様々な問題と向き合い、解決へと導かなければならない時がある。その時、自身の思考スタイルが明確でなければ話にならない。自分が'アイディア,を生み出す過程を、ある程度想像することができるなら、それに勝る近道はない。けれど、それは決して一朝一夕で成せる技ではないと、読後痛感した。著者は40年創造性を追及し、やっとここまでの思考スタイルを確立した。そう考えると途方もない。
 だからこそ、今のうちに読めてよかった(できればもっと早く読みたかったが!) 読んでいない人には是非お薦めしたい。自身の創造的思考を捉えなおし、整理してみよう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑押してもらえると励みになります。
2007-03-27 22:27 | カテゴリ:レビュー(エッセイ)
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ブックレビュー
イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する
星野 道夫 (1998/06)
新潮社

この商品の詳細を見る

 題名を読んでみよう。

 イニュニック。なんと言いにくいんだろう。
 日本語に慣れ親しんでいるためか、僕にはこの言葉がどこかちぐはぐで、おかしな響きがした。そして、あまりの違和感のために本屋で目が留まり、買ってしまった。

 星野 道夫著 「イニュニック~アラスカ原野を旅する~」

 表題「イニュニック」とはエスキモー※語で[生命]という意味だ。
 この作品は、エスキモーが住むアラスカの大地を愛した一人の写真家、星野道夫のエッセイである。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。