-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-19 18:00 | カテゴリ:レビュー(漫画)
ジャンル:アニメ・コミック テーマ:漫画の感想
今秋アニメ化された漫画「スケッチブック
作者は小箱とたんさん

~「スケッチブック」の良さを考える~
 「スケッチブック」はとある福岡郊外の高校美術部を舞台にした4コマ漫画。個性豊かな美術部員達と主人公梶原空(かじわらそら)の日常を描く。
 取り立てて大きな展開がある訳でもなく、4コマ以上必要なドラマもない。夢中になるほど面白い作品かといわれると、自信を持って薦められる作品でもない。実際、好き嫌いがはっきり分かれる作風だ。
 では何が良いかというと、最大の魅力は「全く役に立たない発見」が作中にぎっしり詰っているということだろう。そういう言い方をすると一種の雑学本として捉えてしまいそうだが、それともちょっと違う。雑学本は役に立たないまでも知的好奇心をくすぐるような面白さがある。「スケッチブック」には確かに普段聞いたことがないような虫や植物も沢山登場し、雑学本的な面白さもない訳ではないのだが、知的好奇心をくすぐられるかといわれると首を縦には振れない。では何なのか。作品の魅力は雑学にさえならないような、もっと小さな発見の中にある。
 例えばテレビのCMを見て笑う時、スーパーで買い物をしている時、空を見上げてボーとしている時、知ってはいるがよく知らないものについて徒然と考える時、頭の中に一瞬取りとめもない考えやアイディアが浮かぶことがあるはずだ。しかし、言葉にするにはあまりにもくだらなくて、時間の無駄だと忘れてしまう諸々の「発見」が、日常の中には無数存在している。
 そういった日々のなんでもない発見を4コマに写し取ったのが「スケッチブック」だ。読んでいると「あぁ、あるよなぁ」「そうそう、こういうこと考える」という小さな共感を多く覚える。自身が体験しながらも言葉にするに至らなかった発見を起承転結の4コマにまとめられることに、一種の爽快感と心地よさがある。平凡な日常を個性的に生きるキャラクター達。自分が役に立たないと拾い上げなかったものを、嬉しそうに見つけ出す美術部員達の日常は、せわしく生きることが当たり前になっていた感覚に、新鮮な風を送り込んでくれる。まったりほのぼのとしているけれど、読めば読むほど周囲への意識が鋭く、深くなっていく。
 焦らずじっと見つめて、スケッチブックに書き留めるような感覚。味わい深い「くだらなさ」を持つ稀有な作品だ。
スケッチブック(4) (BLADE COMICS)スケッチブック(4) (BLADE COMICS)
(2007/09/10)
小箱とたん

商品詳細を見る

 スケッチブック第四巻。氷室、田辺先輩の「師匠」が登場。二人の師匠ということは・・・?

関連サイト
スケッチブック~full color's~(アニメ公式サイト)

2007-07-08 23:58 | カテゴリ:レビュー(漫画)
ジャンル:アニメ・コミック テーマ:感想
 6日に日米大学選手権第3戦が行われ、去年甲子園を賑わせた「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹投手が6回を1失点に押さえて2-1で勝利を収めました。3戦して2勝1敗の日本。第4戦に勝利すると、史上初めて米国開催での優勝となるそうです。
 いや~すごい。
 ちなみに私も斎藤投手に憧れて野球を観だしたクチです^^

 ということで(?)今日は野球漫画「おおきく振りかぶって・8巻」の感想。
おおきく振りかぶって Vol.8 (8) おおきく振りかぶって Vol.8 (8)
ひぐち アサ (2007/05/23)
講談社

この商品の詳細を見る

 西浦対桐青戦。死力を尽くした夏の初戦もついに決着の時が・・・!
 9回の攻防、両チーム共に素晴らしいドラマを魅せてくれます。どっちも勝たせてあげたい!でも、長かった雨の激戦を勝ち抜いて次に進めるのは一校だけ。さて、勝利の女神はどちらに微笑んだのか・・・!?

 そして桐青戦を終え、チームの飛躍と共に三橋のマイナス思考もさらに飛躍!「中学で会ってたらオレァ間違いなくイジメ側に入ってたな」という花井に、激しく共感します。マウンドでも学校でも変わらずオドオドしている主人公。いつになったらこの性格、変わるのでしょうね(笑)

 ふにゃふにゃ主人公の直球青春漫画・第8巻
 熱い「夏」が始まります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


今日は
豊臣秀吉が「刀狩令」を発布(1588年)した日です。
豊臣秀吉といえばやはり「刀狩」と「太閤検地」
兵農分離を目指した秀吉の代表的な政策ですよね。
2007-07-06 00:25 | カテゴリ:レビュー(漫画)
ジャンル:アニメ・コミック テーマ:漫画の感想
のだめカンタービレ #18 (18) のだめカンタービレ #18 (18)
二ノ宮 知子 (2007/06/13)
講談社

この商品の詳細を見る

 父・雅之の出現で大きく揺れ動いた自信。音楽で、そして人間的に父から完全に独立するため、今まで過ごしたアパルトマンを出ることにした千秋。この決意は、千秋自身の音楽を形成する第一歩なのかもしれません。
 一方のだめはサロンでの初依頼に臨みます。コンサートに急遽千秋が来られなくなったり、演奏中ハプニングに見舞われながらも、のだめは揺るぎない演奏を行います。これはのだめが自分の道を歩みだした証明なのでしょう。けれど演奏後、客に「パリで勉強していて楽しい?」と問われ、目を背けるのだめ。
 音楽への欲求と、千秋との関係。お互い自分の道を進めば進むほど、距離が離れていくという事実が、印象深いです。今後、二人はどうなるのやら・・・?
 また、ルイやフランクも音楽への向き合い方、自分の気持ちを再発見します。「料理も音楽も同じ」というオクレールの言葉から、音楽する気持ちを見つめなおすルイ。周囲の成長や自身の将来へ、焦りと気後れを感じていたフランクも、新たな登場人物ヤドヴィガとの合奏、千秋の一言で向き直ります。
 音楽を糧として生きるキャラクター達が、それぞれのドラマを見せてくれる18巻、必見です。にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

今日は
絵本作家 ビアトリクス・ポターさんの誕生日
2007-07-05 19:49 | カテゴリ:レビュー(漫画)
ジャンル:アニメ・コミック テーマ:漫画の感想
久しぶりの更新です。
なんで更新しなかったのか?
理由は簡単。本を読まなかったから。
(漫画はたくさん読みました)
・・・お恥ずかしい。

ということで
読み溜めた漫画のレビューから、また書き始めようと思います(笑)

ジジジイ-GGG 1 (1) / 小山 宙哉
ジジジイ



 町に泥棒が現れた!
 誰も追いつけないスピードで逃げるその泥棒・通称「ハープ」の正体は、なんと70歳のおじいちゃんだった――!
 奇天烈な行動、若者言葉、破天荒な性格。だけど筋が通っていて、懐が広い白髪の泥棒。「人が悲しむ物は盗らない」と言うこの泥棒じじいは、逆に何かを盗むことで周囲を幸せにしていく。
 人は何かを盗られた時、それがどれほど大切なものかを思い出す。ハープはその大切なものを軽やかに、ユニークに「盗み返し」てきてくれるのだ。その姿には老いを感じさせないパワーと勢い、そして笑いがある。とにかく思う。かっこいい!
 ハープはどうして盗みを始めたのだろう、続けるのだろう。物語にはまだまだ謎が多い。「俺の宝は未だに見つかんねえよ」と笑う老人は、今後、どんなドラマを見せてくれるのか。続きが楽しみで仕方ない。
 読めば必ず泥棒じじいが元気をくれる。そして「こんな大人になりたい!」と本気で思えるはず。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

今日は
ビキニがお披露目された日。
ビキニ環礁でのアメリカによる原爆実験が名前の由来。「その大胆さは原爆並の破壊力がある!」
笑えるようで笑えない、このネーミング。
それでもやっぱり思う。ビキニ、万歳・・・!!
2007-01-28 02:13 | カテゴリ:レビュー(漫画)
ジャンル:アニメ・コミック テーマ:アニメ・漫画

 26日、春のセンバツ出場32校が決定。昨日(27日)、毎日新聞の1面で野球帽子を高く掲げて走る選手達の写真が掲載されていました。
 嬉しそうに走っているのは、都留高校(山梨)のナイン達。21世紀枠で出場が決定した2校の1つです。
 「都留」という地名を聞いて僕が連想するのは姉。姉は都留の大学で現在小学校の教師を目指して勉強中です。

 その姉が、この前うちへ帰ってきた時に「これ、おもしろいよ~」と薦めてくれたのが、なんと野球漫画でした。題名は「おおきく振りかぶって」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。