-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-28 00:14 | カテゴリ:レビュー(エッセイ)
ジャンル:本・雑誌 テーマ:**本の紹介**
オルカをめぐる冒険
著(文、写真、イラスト):水口博也

 「オルカ」とはシャチのこと。著者水口博也は長年シャチを研究し撮影し続けてきた人物だ。
 本作品では水口氏がジョンストン海峡を旅していた時に出会ったシャチ達を中心に、ヨーロッパ圏のロフォーテン諸島やアラスカ、アルゼンチンのバルデス半島等に住む様々なシャチを観察する。そして自然の中で生きるシャチの行動と生態を事細かに綴っている。シャチはレジデント、トラジエント、オフショアという3種類に食性や行動範囲の観点から分けられていることや、波打ち際に乗り上げてオタリアを捕らえたり、数匹で魚の群れを追い込むなどの餌の捕り方があることなど、一般的にはあまり知られていないシャチの知識が多く盛り込まれている。また、水口氏ならではの貴重な写真と、丁寧なイラストがページの細部を彩り、1ページ1ページがとても味わい深い。
 
 読めば読むほどに、シャチの持つ知能の高さに驚かされる。平均50年以上生きるシャチは、それだけ狩猟や子育において高度な技を持っている。「海のギャング」なんて乱暴な呼び方は、読後改めたくなるはずだろう。
 最後に、海に流される化学物質がシャチにどのような影響を及ぼしているのかを記述している。シャチだけが特別影響を受けているというわけではないが、水口氏が懸念しているように海の汚染が広がれば毒素を除去する機能を持たないシャチの未来はどんどん危うくなる。その危機感をぜひ感じとってほしい。

 ページを捲るたびにしなやかさに翻り海面を踊るシャチ達。大海原を自由に泳ぎまわる彼らの世界に、思いを馳せてみよう。オルカの世界にようこそ。

《関連サイト》
水口博也のホームページ
ORCA LIVE(ポール・スポング博士によるオルカの研究&情報サイト)
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://mannenro.blog90.fc2.com/tb.php/97-f4c2d8aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。