-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-19 00:08 | カテゴリ:レビュー(児童文学)
ジャンル:本・雑誌 テーマ:図書館で借りた本
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
作:J・K・ローリング
訳:松岡 祐子
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)

 言わずと知れた英国ネオ・ファンタジーの草分け的作品。そして空前のファンタジーブーム巻き起こした張本人であり、その大波を今も尚先導し続ける旗手である。魔法ファンタジーの古典的な味わいに加え、個性的で親しみやすい世界観・魔法が魅力的だ。またブラックユーモアに彩られた粋な会話と、謎を落とし落として一気に回収するハイテンポでドラマティックな展開には、一種の爽快感すら覚える。ファンタジー愛好家だけでなく、世界中の一般読者に広く愛読されている傑作だ。
 ありきたりな紹介になってしまったが、「ハリー・ポッター」は純度100%の英国ファンタジーとは言えない。これまでのクラシックなファンタジー(ナルニア国物語、ゲド戦記、指輪物語等)が好きな方の中には、閉口される方も少なくないはずだ。けれど、その突飛すぎる設定やストーリーの気安さも、一時の流行の中に埋もれることなく、新しい王道となった。英国ファンタジーに確かな土台・系譜があったからこそ「ハリー・ポッター」のような新しい風は受け入れられたことを忘れてはいけないが、出るべき時にして出ることは、やはり難しい。だから両手を挙げて称えることは決して野暮ではないと思っている。

 全七巻構成の六巻に当たる「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 を最近読んだ。
 前作「不死鳥の騎士団」にて示されたハリーとヴォルデモート卿に関わる予言。今作ではその予言を中心に、ヴォルデモート卿の過去を追うハリーとダンブルドア、ヴォルデモート卿から“何か”を課せられたマルフォイ、ダンブルドアとヴォルデモート卿の間を行き来するスネイプの言動に焦点を当ててストーリーは展開する。そしてハリーを魔法薬の授業で手助けしてくれる「プリンス」なる人物が残した教科書。
 「プリンス」の正体は? ヴォルデモート卿の過去から浮かびあってくる「分霊箱」とは? スネイプはどちらの見方なのか? これまでの種明かしと、これからへの伏線を交互に出しながら、物語は最終巻に向けて一気に加速する。ハリーが手にする新しい幸せと、残酷な別れ。揺れ動く心情と突き通される信念の中、成長していく登場人物達。疑惑、恋愛、友情、尊敬、裏切り。彼らが織り成す人間模様もまた、6巻の見所だ。
 
 はっきり言ってしまえば所々引っかかる展開の不自然さ、描写の不可解さは巻を経るごとに増えている。
 しかしそれが作品の失敗部分なのか、それともラストへの伏線なのか、今は判断がつけられない。 これがただの失敗なら、どれほどお粗末な・・・とがっかりせざる得ないが、だからこそ私は伏線だと信じている。6巻の煮えきれない部分をJ・K・ローリングはどう回収したのだろう。気になって仕方がない。

 最終巻「ハリーポッターと死の秘宝」は2008年7月23日刊行予定。
 10年間愛読し続けてきた児童書。最終巻がどんな結末でも、読み終えたらしっかり総括しようと思う。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://mannenro.blog90.fc2.com/tb.php/73-1c036f06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。