-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-16 19:33 | カテゴリ:レビュー(語学)
ジャンル:本・雑誌 テーマ:**本の紹介**
「時速1000字で書く技術」
 著:後藤 禎典
時速1000字で書く技術

 「1000字の文章を一時間で仕上げる」ためのハウツー本。1000字は改行等を含めると、大体Word一枚の分量だ。仕事で企画書や報告書を作成する際、Word一枚と指定され、短時間で仕上げなければならない場面が多々あるらしい。そのため、この本は「分かりやすく」「正確な」文章を、一時間でWord一枚書けるようになることを目的に作られている。
 この本で面白いのは、ページの約半分を使って「書き始める前」の用意とプロセスについて説いているところだ。
 書こうとして、はたと手が止まってしまう。そういった経験は誰しもあるだろう。それは決して書くべきことがないのではなく、考える時間が少ないこと、まとめる力が足りないこと・・・そもそも思考する力が絶対的に欠けていること・・・それなのに無理やり書き出そうとしてしまうところに問題があるのだと指摘している。
 だからこそ、書くために重要なのは「問いを立てる」こと。そして「メモを取ること」だと、作者は述べる。

 「書く」とは、ただ頭の中にあるものを徒然と出す行為ではない。何について書くのか、どんな風に書くのか、誰に書くのかetc・・・など、そこには必ず方向性がある。自分の文章がどんなベクトルを持つのか。そのことを理解し、メモを書き出しては篩(ふる)いを繰り返すことで、整理し、選び出すことで、美しい文章は出来上がる。
 書いてあることは、とても基本的なことだ。でも、それこそ一番大切なことであり、多くの人がめんどくさがり、置いてきてしまった作業だったりする。読み終わったら巻末に載っている「実況中継」を読みながら、実際に「時速1000字」を取り組んでみよう。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://mannenro.blog90.fc2.com/tb.php/71-4a6cada8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。