-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-31 23:22 | カテゴリ:雑記
ジャンル:日記 テーマ:日記
本棚の整理が終わらない。

掃除を始めてもう2日目だ。
2日まるまる続けているわけではないが、それでも自室の本の量に呆れてしまう。

部屋の本が多いというのは、沢山読んでいるという自慢にはならない。
それは頭の中に残った知識やアイディアによって初めて自慢していいものだと思う。
と思いつつも処分できないのは、つまり僕が整理下手だという、ただそれだけのことだ。

良い本は残し、それ以外は捨てる。案外、これは難しい作業だ。
「残すべき」と断固として譲らないもの以外は捨てようと決めたのだが、一般的に有名だった本や、昔読んだ懐かしい本が出てくると、「残すべき」ではなくても「残してもいい・・・かな?」と、心の中の誰かが甘い誘いをかけてくる。決心が揺らぐ。

専門書の類はまだそこまで多くないから整理は簡単(というか、捨てても良いほどには、どれも読み込んでない) 新書は知的財産の少ないものだと、バサバサ捨てられる。ライトノベルはキノの旅とフルメタの後期刊のみ残し、後は処分。文庫は途中で断念したもをは処分。シリーズものはとりあえず残す。世界文学も残す。ジュブナイルも残す。ハヤカワSFも残す。残す残す・・・あれ、ほとんど残ってしまった。

難しいのはハードカバーの小説群と、集めに集めた児童書と、大量の漫画達。嵩張り本棚のスペースを食ってるのがこれら3種類。
ハードカバーは捨てづらい。素敵な装丁のもの、見栄えが良いものは内容が頭に残っていなくても残したくなってくる。頑張ってその衝動を抑え、綿矢りさ「蹴りたい背中」市川卓司「いま、あいに行きます」他多数を、しぶしぶ捨てる。梨木香歩、灰谷健次郎は全作品残す。ファンなので仕方がない。

選り分けに難航しているのが、漫画だ。
僕の本だらけになった部屋を見て、父は「とりあえず漫画を全部捨てろ!」と怒っていたが、馬鹿野郎、漫画をなめるな。漫画だってすごいんだ。(と言って、また怒られた)
漫画はぜひ残したい。けれど、余暇に楽しむ程度のものはやはり、売ってしまった方が効率的だ。
現在大量の漫画群の中から以下のものは全巻残すことに決めた。

・幸村誠「プラネテス」「ヴィンランド・サガ」
・五十嵐大介「魔女」「海獣の子供」
・山岸涼子「舞姫テレプシコーラ」
・村枝賢一「RED」
・森薫「エマ」
・宮崎駿「風の谷のナウシカ」
・山田章博「ロードス島戦記」
・小箱とたん「スケッチブック」

ストーリーの秀逸なものもなのは言わずもがな、絵が独特で、丁寧なものが残った。
何故か「スケッチブック」を残すことに疑問はない(笑)
んで、捨てるに捨てられない。どうしようと頭を悩ましているのがこちら↓
・とよ田みのる「ラブロマ」
・津田雅美「彼氏彼女の事情」
・井上雄彦「バカボンド」
・二ノ宮知子「のだめカンタービレ」

漫画としての面白さは申し分なく、いつ読んでも楽しめるものばかり、名作揃いだ。捨てるなんておぞましくすらある。しかし、「ずっと残す」ということを考えると、漫画はその性にはあまり合わない。どれも惜しくて捨てられないが、残すべき本なのかは疑問が残る。うーむ。
・・・保留。(ぉぃ

そして児童書。
「ハリー・ポッター」は名訳すぎて捨てられない。
「ウルフ・サーガ」は文庫版とハードカバー版(←絶版)2種類あるにもかかわらず、捨てられない。
エンデの本はでかいものばかりで嵩張るが、やはり捨てられない。
サトクリフなんて勿論捨てられない。
魔女宅もゲドもその他多数も。
結局、一冊も捨てられなそう。ああ・・・あ!「ダレン・シャン」は処分することした。楽しい作品だけども。

と、こんな感じだ。
しばらく自室は本の森と化している。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://mannenro.blog90.fc2.com/tb.php/60-ee640432
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。