-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-26 10:54 | カテゴリ:レビュー(漫画)
動かなくなった彼の前で
いつまでも泣きやまない私に 子供達が最初にしてくれたことは
私を笑わすことだった

(本文より)

「毎日かあさん~出戻り編~」

毎日かあさん4 出戻り編


 山梨から帰省した姉が、漫画を薦めてきた。姉はうちに帰ってくるたび弟に漫画を読ませるという、変な癖がある。そして、そうやって薦められた本に今までハズレはほとんんどない。
 今回は西原理恵子さんの「毎日かあさん~出戻り編」 毎日新聞にて毎週日曜連載中の「毎日かあさん」の4巻目だ。うちは毎日新聞を取っているから、この漫画は馴染み深い。けれど毎週欠かさず読んでいるわけじゃないし、まして単行本として手に取るのは初めてだった。

 「泣けるよ」と僕に貸す姉。バカ、そんな簡単泣くはずないだろう。ましてそんなこと言われてから読むんじゃ、余計泣きたくはない。絶対泣いてやるか。
 と、思ったのだが。



 涙が止まらなかった。


~でも彼はたった一人でこの病気と戦い続け 立派に帰って来ました。
「ただいま」
「おかえり」
でも ガンもやって来ていました。
(本文より)


 一度離婚した夫が西原宅に戻ってくるこの巻。勘違いして欲しくないのは、「毎日かあさん」の主人公はあくまで子供たちであり、夫のことは深くは触れられていない。病気のことも。

 でも、時たまこぼれる一言が、やせ我慢する作者の心中を色濃く映し出してしまう。

 結婚して、育児をして、毎日を過ごす。
 そこには、これだけの激しさがあるのか。これだけの思いやりがあるのか。

 すごい、と思った。

 夫との別れが来るラスト10ページ。心を打ったのは悲しみではなく、子供たちの優しさだ。
 家族ってすごい。ありきたりだが、すごい、すごいと思って、涙が止まらなかった。
 一度、読んでみてほしい。

 
 姉に漫画を返そうとしたら「ね、泣けた? 泣けた?」と嬉々として聞いてくる。
 それは、聞くなよなぁ(笑)

 もし人に薦める時は、ぜひとも黙って貸してあげて欲しい。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://mannenro.blog90.fc2.com/tb.php/56-54f34552
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。