-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-22 21:12 | カテゴリ:レビュー(児童文学)
ジャンル:小説・文学 テーマ:ブックレビュー
「彼は自分の意志で影と向かい合い、生きた手でそれをつかまえようとした。~両者はいつか切っても切れないきずなで結ばれていた」

ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)
(2006/04/07)
アーシュラ・K. ル・グウィン、Ursula K. Le Guin 他

商品詳細を見る

 「影」とは何だろう?
 ゲド自身であり、ゲドが最も恐れるものだ。ゲドが抱える焦りや不安。劣等感や恐怖、未熟さ・・・そのようなマイナスの力の集合なのかもしれない。
 ゲドの師匠オジオンは、やがてそれに向き合わなければならない、とゲドに説く。
 
 背を向けているときはとても恐ろしく感じる。でも、しっかりと見据えれば、それは怯えている自分の姿でしかない。 「影」とゲドの戦いは、私達に自分の中の無意識への道を示している。とても哲学的だ。
 無意識、といえばフロイトやユングだが、ユングは童話の中で主人公とアンビバレンスな関係にある問題や事物を「影」と呼んだ。 ファンタジーにおいて「影」は物語のテーマを含んでいることが多い。 しかし、「影」そのものを敵、つまり主人公の到達点とする作品は少ない。「影」は実体ではないからだ。主人公にとって重要な要素であっても、目標にはなりにくいのだ。

 この作品は主人公が「影」そのものと戦った。いや「影」本体と真正面から向き合った作品だ。直球すぎる、と思う設定だが、それがなんとも見事に描かれている。
ファンタジーだからできる、深い作品。物語だからこそ伝えられるメッセージを非常に巧く、表現している。
 
 まさしくファンタジーの最高傑作の一つだろう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑押してもらえると励みになります。

今日は
イチロー
選手の誕生日です。
今年で34歳になるイチロー選手。野球選手としてはもう決して若くはありませんが、歳を感じさせないエネルギーがありますよね。野球への飽くなき情熱と探究心。イチロー選手の活躍は野球を知らない私達にさえ勇気をくれます。これからも頑張って欲しいです。
誕生日おめでとうございます!
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://mannenro.blog90.fc2.com/tb.php/41-ab55c83d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。