-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-16 02:25 | カテゴリ:レビュー(語学)
ジャンル:本・雑誌 テーマ:読書に役立つ情報
伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)
(2001/11)
山田 ズーニー

商品詳細を見る

 文章を相手に向けて発信する際、様々な問題に直面する。
 伝えたい、と思っている内容をどうすれば自分の心のままに伝えることができるのか。思い描く結果に辿り着くことができるのか。
 著書・山田ズーニーさんはそれら要望に、丁寧にかつ実践的な方法を提示している。

「伝わる文章」「揺さぶる文章」
 それにはまず書く側の「自分」の心にあるものをしっかり言語化し、自身に説明できるようにする。その際、論理的な段階づけを行うことで、文章の外観を客観的に判断する術を紹介している。
 その上で文章を受け取る「相手」の視点を考えて、推敲してみる。より客観的に、というよりは相手の受け取り方や視野を自分の主観に重ねる、といった感じ。二重眼鏡で、それでも歪んで見えないか、と立ち止まる思考を鍛える。

 「自分」をいかに純粋な形で言語化して、それを相手にうまく伝えられるか。
 これは文章に限ったことではなく、言葉を使用するすべての状況で求められることであり、身につけたい術である。

 著者はこう述べている。
 つまり、自分に忠実でありつつ、かつ人に関わることを目指す。(中略)自分の正直な姿を表すところは、自分の中ではないからだ。自分の中ではない。紙の上でも、パソコンの上でもない。『相手の中』だ。
ここに大きな壁が立ちはだかってくる。

 私達は日常、言葉をなにげなく使っているのだが、果たしてうまく使えているのだろうか。
 著者は言葉を「不自由な道具」と表現するが、まさにその通りだ。ここまで論理的で明快な、「伝達術」の本を読んでも、いや読んだからこそ、改めて言葉や文章の難しさや奥深さに唸ってしまう。
 自分の使っている言葉を、再度見直す上でも価値のある本だと思う。お薦め。

関連サイト
おとなの小論文教室。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑押してもらえると励みになります。

ちなみに今日は、
元祖テレビアニメ「ドラえもん」のドラえもん役で有名な大山のぶ代さんの誕生日です。
大山さん演じる「クセ」のあるドラえもんの声に慣れ親しんでしまったため、キャストを一新した新しいドラえもんにものすごい違和感を感じる今日この頃。やっぱりドラえもんは大山さんでなくっちゃ、と思うのですが、今の可愛い声をしたドラえもんに慣れ親しんでいる子供達が大山ドラえもんの声を聞いたら、きっと同様のことを思うのでしょう。「こんなのドラえもんじゃない!」
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://mannenro.blog90.fc2.com/tb.php/35-1919b8b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。