-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-25 18:48 | カテゴリ:雑記
ジャンル:日記 テーマ:雑記

 僕の入っているサークルでは、1月の初めに「追い出しコンパ」というイベントがあります。
 サークル活動を無事終えた、4年生の先輩方を送り出そうという飲み会。名前こそ失礼極まりないイベントですが、お世話になった4年生とお酒を飲める最後のチャンスかも・・・ということで、がぜ盛り上がり、異様なまでにみんな酔いつぶれていく。そういう楽しい飲み会です(^-^)
 この「追い出しコンパ」 ちょっと素敵な企画があります。
 それは3年生までがひとりひとり書く、4年生に宛てた「手紙」です。


 感謝や応援、謝罪や文句。普段声に出しては言えない、そんな正直な気持ちを書きます。(いや多分)

 僕も書きました。あまり多くの先輩には書かなかったのですが、1年半お世話になりっぱなしだったある先輩に、便箋2枚分の手紙。「ごめんなさい」「すみませんでした」ばかりのみっともない手紙になってしまい・・・いまさら後悔(泣) さらに、「これで最後」というプレッシャーに何を書いていいか分からなかった僕は、悩んだ挙句に好きな小説の感想まで書いてしまいました・・・最後なのに・・・あー恥ずかし。

 追い出しコンパから数日経ってサークルに行った日に、3年の先輩から「○○先輩からだよ」と渡されたのは、なんと手紙の返事でした。驚くべきことにその4年生の先輩は、手紙をもらった人ほとんどに返事を書いています。しかも早い・・・(ちなみにうちのサークルは総勢70人弱)
 流石、先輩。

 丁寧な字で便箋3枚分。内容は、追いコンで贈った手紙の内容にそったものでした。
 そして僕が感想を述べた小説「西の魔女が死んだ」についても(><)先輩からの返事が書いてありました。

 小説から一文引用してありました。

 「いちばん価値のあるもの、欲しいものは、いちばん難しい試練を乗り越えないと得られないのかもしれません」
 
 「西の魔女」と呼ばれる祖母が、主人公の少女まいにかけた言葉です。
 先輩らしいな、と思う一言。
 そして、‘がんばらなきゃ,という気持ちにさせてくれる一言。思わず背筋がピンとなりました。
 課題の曲ができず、楽器やサークル自体から気持ちが遠のいていった時に、「逃げるなよ」と叱ってくれたのもやはり先輩。魔女みたいに怖い先輩でもありました。(女性です^^;)個人練で悪いところを、徹底的に直してくれたのも先輩。
 頭が上がりません。
 
 
 今年のサマーコンサートは、最高の音が出せるようにしたい。いちばん価値のある時間にしたい。そのために、つらいことから逃げないで頑張ろう。
 今夏、コンサートに来た先輩に、堂々と手紙のお礼を言えるように。










西の魔女が死んだ 西の魔女が死んだ
梨木 香歩 (2001/07)
新潮社

この商品の詳細を見る


 ~あらすじ~
 中学校に進んでまもなく、まいは登校拒否になる。「西の魔女」と母が呼ぶ祖母のところへ療養もかねて泊り込むことに。そこでまいは祖母から「魔女修行」を受けるのだが・・・
 日常に潜む静かな興奮を、味わわせてくれる。梨木香歩さんの代表作の1つ。

スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://mannenro.blog90.fc2.com/tb.php/2-6531f2b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。