-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-03-27 22:27 | カテゴリ:レビュー(エッセイ)
ジャンル:本・雑誌 テーマ:ブックレビュー
イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する
星野 道夫 (1998/06)
新潮社

この商品の詳細を見る

 題名を読んでみよう。

 イニュニック。なんと言いにくいんだろう。
 日本語に慣れ親しんでいるためか、僕にはこの言葉がどこかちぐはぐで、おかしな響きがした。そして、あまりの違和感のために本屋で目が留まり、買ってしまった。

 星野 道夫著 「イニュニック~アラスカ原野を旅する~」

 表題「イニュニック」とはエスキモー※語で[生命]という意味だ。
 この作品は、エスキモーが住むアラスカの大地を愛した一人の写真家、星野道夫のエッセイである。
 

~思いが過去の時間に延びてゆくのは、この土地に生きてきた人々の歴史だけでなく、無機質な地球の営みさえも同じだった。やはり、綿々とつながり、今、自分がこの土地に立っている、そしてその今さえも、ゆっくりと動き続けている。十年前にこの土地を旅した時は、こんなふうには感じなかった。~

 冒頭、星野さんはアラスカに根を張ることを決意する。彼は定住したのだ。そして、冒険者ではなく生活者として、アラスカという土地の持つ様々な顔と出会っていく。
 年を経るごとに変化してゆく植生。やっと訪れたカリブーの大群との一会。アサバスカン・インディアン※やエスキモー、彼ら先住民と生活を営むことで、遠い歴史に想いを馳せる。アラスカを切り開いた先人達の話に静かに耳を傾け、移ろう時代の波を感じる。
 文章の端々から伝わってくるのは、定住することによって発見してゆく今まで見えなかったアラスカの表情であり、その営みが著者の価値観を変えていく過程である。

~いつしか、自分にとってアラスカという土地の持つ特殊性が薄れ、この土地に暮らし、関わってゆくのだと決めた事実の方が、より意味を持つようになってきた。アラスカであれアフリカであれ、また都市であろうと田舎であろうと、それはきっと同じではないだろうか。その土地に根を下ろしてゆくとするならば、そこがどんな場所であろうと違う風景が見えてくるに違いない。~

 広大な未知を目の前にして、ただ圧倒され、驚くだけの旅ではない。より近い場所で、長い時間をかけて、関わっていく。そこにはフロンティア精神よりも深く、力強い意識があり、アラスカへの底知れぬ愛がある。




 作品の中で、時は流れ、大切な友人たち~アラスカのパイオニア時代を生きた人々~が、その生涯を終えていく。一人、また一人と著者の内側に多くの言葉を残して、生命が土へと還っていく。一つの時代が終わる。アラスカの大地もまた、鉱山が造られ、森に光が入ってゆく。新しい時代の予感。その急速な変化は、著者に驚きと焦りをもたらす。そして一抹の不安を。

~不安なことは、人の暮らしが変わってゆくことではない。その速さである。暗い予兆を内包する、加速度的な速さである。~

 進み続ける歴史を肌で感じ、揺れ動くアラスカを実感した著者。
 一生の持つ輝きや儚さを超えた人生観が、現れる。

~人間の生き甲斐とは一体なんなのだろう。たった一度のかけがえのない一生に、私たちが選んぶそれぞれの生き甲斐とは、何と他愛のないものなのだろう。そして、なんと多様性にみちたものなのか。~

 星野道夫のように生きたい。
 読み終わっても、この偉大な写真家の言葉は体内に残る。自然と人間の営み、そのギリギリの境界線でシャッターを切り続けた男の言葉は、限りなく透明であり、深く染み渡る。

 
 イニュニック。読み終わってこの言葉を振り返ると、少し違った響きに聞こえてくる。アラスカで生きる、あらゆる生命を表す言葉であり、より大きな、地球の営みを表す言葉なのだろうか。崇高でありながら、どこか親しい響きだ。
 
 星野道夫の言葉は、読者の意識を、遠くアラスカの大地へと、誘ってくれる。
 
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
↑のバナーをポチッと押してくださると励みになります。

※注:「エスキモー」はネイティブ・アメリカンの言葉で「生肉を食う人々」という意味である。(「インディアン」は「インド人」という意味)そのため、現在では差別的な言葉、または間違った意味の言葉として使用は控えられているが、この作品では「エスキモー」(また「インディアン」)で統一されていたため、そのまま使用した。

【参考】
星野道夫公式サイト
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://mannenro.blog90.fc2.com/tb.php/19-06e4dd0f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。