-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-27 16:10 | カテゴリ:月間報告
【読了書】
佐藤尚之「明日の広告」(アスキー新書 アスキー・メディアワークス)
川原礫「アクセル・ワールド1~黒雪姫の帰還」(電撃文庫 アスキー・メディアワークス)
伏見つかさ「俺の妹がこんなに可愛い訳がない」(電撃文庫 アスキー・メディアワークス)
マサラのポケモン図書館「Report~マサラのポケモン図書館短編小説集」(同人誌)
池尾伸一「ルポ 米国発ブログ革命」(集英社新書 集英社)
成田良悟「デュラララ!!」(電撃文庫 アスキー・メディアワークス)
スポンサーサイト
2009-07-15 22:02 | カテゴリ:雑記
最後に受けた某出版社から、内定を頂きました。
10日の昼に連絡を貰ったのですが、その日の夜に親友からおめでとうと言われるまで、実感が沸きませんでした。そのくらい、最終面接は手ごたえがありませんでした。でも親友に「おれはそんな気がしてたんだ」と言われて、こみ上げてきた。ビール超うまかった!

熱意を買ってくれたそうです。後日、採用面談の場で教えてもらいました。
この縁を大切にしていきたいです。


さて、心配だった必修科目のテストも合格しているようです(今日分かりました)
必修単位と就活、前期にやらなければいけないことを何とか達成。色んな人に迷惑をかけたけど、恩に報いることができて良かったです(特に単位)


でも、まだ卒業できたわけじゃないので油断は禁物。
それに卒業するまでにやりたいことが山ほどあって、気を抜いていると、何もできないまま終わってしまうかもしれません。気持ちを入れ替えて、また新しく頑張っていこうと思います。


勿論、レビューの方も。
随分前から「成り行き本棚」って題名、うんざりしてる(´▽`)
2009-07-07 18:17 | カテゴリ:雑記
最後の面接に行ってきました。
結果は待たずとも分かる、悔いの残る面接でした。正直、本気で凹みました。
なんだかんだ言っても、私は出版社に入りたかったんだと思います。よくよく考えれば、そのために6ヶ月も頑張ったはずだから。今日、面接後にテスト勉強してから帰るはずだったのに、何もする気が起きず、帰ってきました。帰っても何もする気が起きないのにね。


そしたら、友人からメールが来てました。詳しくは書けませんが、奇跡が連続したみたいな、すごい話でした。思わず友人に電話して、2時間くらい興奮して喋っていました。その後二人して「七夕だねぇ」と、深い溜息をつきました。友人がそのことで2年ほど悶々としていたから、今日「そこまでくるかっ」というほど発展したことが、本当に驚きだったし、何より嬉しかったです、嬉しそうだったのがね。


電話を切ったら、妙にすっきりしていました。夕焼けが超綺麗です。
電話しながら鼻水出てたみたい。
2009-07-01 23:54 | カテゴリ:雑記
さて、落ちると前提にしていた出版社のほとんどが、最後のチケットをくれました。
もはや才能と言わざる得ない、運の良さです。

で、運だけじゃダメなんですねw

先週とある出版社に、最終面接でお祈り(落選通知のこと)を頂きました。
昨日最終面接だった出版社からも、今日早速お祈りを頂きました。

「~今後も○○様のご健勝をお祈りいたしております」

・・・。

いやー、残しに残して、最終面接でお祈りくれるなんて、最高にデレツンですよ。デートに行って、お昼を食べて、手を繋いで、キスする瞬間、ビンタが返ってきた。そんな感じorz
そういうドライな人は、嫌いじゃないんですが。


さて、来週も某出版社の最終面接です(とあるジャンルで有名)
2度あることは3度あったら、それはもはや・・・デレツンともツンデレとも言わない。
ただのツンツンである。

そろそろ真にデレっときてほしいんだけど、簡単には上手くいかないってところが、恋愛と同じですね。フラれた時のショックが、マジで似てるよww


ちなみにその面接が、泣いても笑っても最後の面接です。七夕の日に告ってきます。
今度こそ付き合ってもらえるようにがんばろーっと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。