-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-31 21:17 | カテゴリ:月間報告
※全部言い訳なので不快に思う方は見ないでください。

7月は同人誌の選考・校正と、期末試験にほとんど時間を費やし、しっかり読みきれた作品が一冊もありません。情けない・・・。
記録として残そうかと思ったのですが、7月読書の意識が全くなかったのでやめます。0冊と書いたところで反省もできない。
7月怠けた分を頑張って8月取り戻そう。
ということで、

【夏休み読書マラソン】

・一冊読んだらブログ報告orアマゾンレビュー
・何作品かは決めておく
・8月31日に集計。結果報告


ほとんど、今までとやり方は変わっていませんができるだけ多くのジャンルの作品と出会えるよう、意識して取り組んでみたいと思います。7月の遅れを取り戻すんだから、目標最低ラインは今まで達成したことがない一週間平均3冊。
8月で達成できないようなら、この先ずっと無理。
もし達成できなかったらブログタイトルを 七色本棚 じゃなくて、 成り行き本棚 に変えようと思います。
だってその場合、そっちの方がぴったりじゃないかwww


頑張ります。
スポンサーサイト
2008-07-30 23:55 | カテゴリ:雑記
NHK放送の新番組「日本夏紀行」を観た。
茨城県大洗高校。マーチングバンドで頑張る高校1年生の二人の女の子に焦点を当てた内容でした。
一人は、どうしてもマーチングがやりたくて親の反対を押し切りはるばる北海道からやってきた子。「だから、途中で投げ出したりはしない」と、スメアドラムを必死に叩き続ける。
もう一人の子は中学まで、何かに熱中したり打ち込んだりしたことがなかった子。マーチングバンド部に入り、ここで何かを掴もうと一生懸命だ。

自分にはこれしかない、とすべてを注ぎ込む真っ直ぐさ。
ここから始めるんだ、と歯を食いしばって頑張るひたむきさ。

淡々と生活を追うカメラの向こう側から、すごい躍動感を感じた。


自分が頑張ろうと思ったところでは負けちゃいけないって、この子達はこの年で、ちゃんと分かってるんだなぁ。
・・・僕は最近やっと分かったよ。
2008-07-29 15:20 | カテゴリ:雑記
それは自分自身との戦い!
Hoooooooooo!
2008-07-27 17:59 | カテゴリ:雑記
テスト終わりました・・・! 今回は後悔がないぜ。
今までの散々痛い目にあってきたつめこみ一夜漬け勉強には全く懲りてなかったけど、全力で詰め込んだので、やり残しはなかったぜ(←すごく最低なレベルで頑張った!おつかれ!)

んで、テストが終わったので
26日はある図書館の本フェスタで、絵本を読んできました。今、昔話や民話を子供に読み聞かせる「ストーリーテリング(素話)」の勉強をしているので、その一環としてお邪魔しました。
でもテスト勉強にかまけてほとんど読む練習していかなかったから、出来栄えはボロボロ・・・。
そもそも、ただの勉強会だと思っていた僕は会場に子供が溢れかえってるのをみて呆然。僕が読んでいる最中、子供達も「?」という感じでした。・・・絵本チョイスかなりミスった。
と、いうか寝坊して15分も遅れた!お前学ぶ気あんのかー!(゜д゜)

午後は同じイベント内で行われた岡田淳さんという方の講演「物語と子どもたち」を聞いた。「こそあどシリーズ」などで有名の・・・と言われたけど、僕は岡田さんを良く知らなくて(実は知っていたのですが)「すごい人なんですか?」と聞いてしまいました。
そうしたら、ストーリーテリングでお世話になってるおばちゃんたちが、信じられない!という顔を。
会場には200人程の方が来ていました。個人講演会でこれだけ人が集まるとは・・・!
岡田さんは60歳過ぎの方で、物腰の柔らかで朗らかな方でした。話し始めてからまもなく会場は爆笑の渦に呑み込まれ・・・

この人、面白すぎるよ・・・!
目に涙をうかべながら、2時間の講演をたっぷり堪能してしまいました。
60過ぎのおじさんとは思えない、若々しい感性と、聞き手を引き込む話の上手さに、驚きっぱなしの笑いっぱなしでした。

家に帰って姉に講演会の話をすると、「岡田さん!? 私も行きたかったー!」と思い切り悔しがっている。「そんなにすごい人なの?」と姉にも聞くと、姉も信じられない!という顔で、

「『星モグラサンジの伝説』を書いた人でしょ!」

「・・・サンジの作者だったのか!」
「ってことは『2分間の冒険』の作者かー!?゜ ゜( д )」

思いっきり知ってました。大ファンです(今更)
岡田さんが何者か知らず講演を聞いていた私は、なんと愚かなんでしょうか・・・。あうあう;
「あんた、児童文学サークルやめた方がよくない?」と姉。
返す言葉がない。
2008-07-15 14:39 | カテゴリ:月間報告
【期間】
6月1日~30日

【読了書】
①鬼の橋(伊藤遊)
②殺人の門(東野圭吾)
③ジーキル博士とハイド氏(スティーブンソン)
④老人と海(ヘミングウェイ)
⑤⑥ウルフ・サーガ㊤㊦(ケーテ・レヒアイス)※再読
⑦⑧エリーのアトリエ㊤㊦(工藤治)※再読

再読ワロスw
アトリエテラワロスww
バイロン詩集、リトル・トリーはどっちも読了してない。
リトル・トリー一冊に一体何ヶ月かかってるんだww

【1週間の読書ペース】
1.9冊

ずるいと言われても気にしない!


【その他】
こちらの企画で作品が掲載されることになりました。二次創作です。
っというか、そもそも僕が企画したものなので載らないほうが恥ずかしいですが(笑)
10作品中5作品掲載なので、期間中は結構緊張してました。良かった良かったw

次は他サイトの企画に応募してみようかな、と思いつつ、そろそろ一次創作にも戻らないとまずい気がします。
その前にテストだー。
2008-07-11 23:42 | カテゴリ:雑記
金曜ロードショーでゲド戦記を観ました。劇場、DVDで観ているのでこれで3回目。

観ている間は文句ばっかり言ってました(^^;

テナーがただのおばさんだとか、ハイタカが悟りすぎだとか、話が説明口調だとかグダグダだとか説教臭いだとかもういいからエスタリオルを出せだとか(
お前は文句を言うために観てるのか!

・・・・・・

うん。でも、やっぱり。
僕はゲド戦記が好きなんだと思う。
原作だけじゃなくて、アニメの方も。

見終わった後は、なんだかすごく気持ちが晴れている。
すげー泣きたくなります。

ずっと向こうの地平線を見つめているような、静かで優しい作品。
こういう作品が書けたらなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。